過去の出題例 準1級

ホーム / 受験対策 / 過去の出題例 準1級

《準1級》

過去に実際に出題された出題例です。
ラジオボタンはメモとしてご利用いただけます。(採点機能はありません)

【共通問題】

1.次の文章を読んで、記述が正しい場合には①を、記述が間違っている場合には②を選べ。

「写真教室の作品課題でハイキーな調子のプリント提出を求められたので、撮影するときに1/2EV~1EVプラスの露出補正をして提出した。」

(第2回検定出題)

2.次の文章を読んで、正しい記述を①~③の中から選べ。

「平均測光とは画面全体を平均的に測光する方式である。平均測光で撮影しても露出の失敗が少ないと考えられる被写体は次のうちどれか。」

(第2回検定出題)

3.次の文章を読んで、正しい記述を①~③の中から選べ。

「渓流の流れに流動感をもたせて撮影しようとした。ISO感度100(フィルムカメラであればISO100のフィルムを使い、デジタルカメラであれば撮像感度をISO100に設定)で撮影しようとした時に、カメラは露出値としてシャッター速度を1/60秒と示した。流動感をもたせるため、絞り値を変えずに、1/8秒ぐらいのシャッター速度で撮影したい。減光フィルターとしてNDフィルターを使う場合には、次のうちどれを使えばよいか。」

(第2回検定出題)

4.次の文章を読んで、正しい記述を①~③の中から選べ。

「多くのレンズシャッター式カメラ(コンパクトカメラ)のシャッター機構は、レンズ内またはその近傍に組み込まれている。このレンズシャッターは、フォーカルプレンシャッターと比べてどのような違いがあるか。」

(第3回検定出題)

5.次の文章を読んで、( )内に入る正しい言葉の組合せを①~③の中から選べ。

「撮影レンズとカメラ本体の間に装着するアクセサリーには(ア)があり、これを装着した場合には、(イ)が可能となる。露出倍数を必要とするが、(ウ)が途中にないので画質劣化が少ないのが特徴である。」

(第3回検定出題)

6.次の文章を読んで、正しい記述を①~③の中から選べ。

「オートブラケティングとは、自動段階露出補正のことで、通常の露出補正とも併用可能である。露出補正を‐0.5EVに設定して補正幅0.5EVで連続3コマのブラケティングをした場合、結果としてどのような露出で撮影できるか。ただし、シャッター速度も絞り値も可変範囲内で設定できるものとする。」

(第3回検定出題)






【フィルムカメラ関連問題】

1.次の文章を読んで、( )内に入る正しい言葉の組合せを①~③の中から選べ。

「フィルムには、適正露出とみなしてよい露出の許容範囲があるが、これを(ア)または露出寛容度といい、一般的にカラーリバーサルフィルムではプラスマイナス(イ)EVといわれている。カラーネガフィルムではプラス(ウ)EV、マイナス(エ)EVといわれているが、実用上プラス3EV程度までは一応適正露出とみなせるプリントが可能である。」

(第2回検定出題)

2.次の文章を読んで、( )内に入る正しい言葉を①~③の中から選べ。

「中判カメラなどで使用されているブローニーフィルムの幅は、約6cmである。このフィルムを使うカメラの中で、公称6×9センチ判の大きさの画面をもつブローニー判カメラのJISで規定されている画面サイズは、( )mmである。」

(第3回検定出題)






【デジタルカメラ関連問題】

1.次の文章を読んで、正しい記述を①~③の中から選べ。

「デジタルカメラに内蔵されているバッファメモリーの容量が、最も大きく影響するといわれるカメラ性能は次のうちどれか。」

(第2回検定出題)

2.次の文章を読んで、( )内に入る正しい言葉を①~③の中から選べ。

「TWAINというのは、( )を接続して、画像データを転送するために策定された規格である。」

(第3回検定出題)