フォトマスター検定とは

ホーム / 検定について / フォトマスター検定とは

フォト検は4段階+EX



フォトマスター EX

"写真の達人"としての認定コース

フォトマスター1級合格者のみ受験できる"写真の達人"としての認定コース。
高度な実用知識を前提に、作品創作力や写真活動実績、あるいは指導(リーダー)性などの総合評価により認定。

フォトマスター EX の詳細情報




フォトマスター 1級

高度な知識と技法を学ぶ

写真とカメラに関する全般的な実用知識や撮影技法について、階級に応じた難易度による問題を出題。どの級を受験しても可。
また、連続する階級であれば、同日に2階級を受験することもできる。




フォトマスター 準1級

上級程度の知識と技法を学ぶ

大きく差をつけるステップです。
上級程度の知識と技法が身につきます。




フォトマスター 2級

一般的〜中程度の知識と技法を学ぶ

より写真の知識を深め、楽しむステップです。
一般的〜中程度の知識と技法が身につきます。




フォトマスター 3級

基本的な知識と技法を学ぶ

基礎・基本を確実にするステップです。
基本的な知識と技法が身につきます。



フォト検は、こんな方々が、こんな形で受験しています。

  • 趣味の写真の世界で着実に一歩前進したい方
  • 生涯学習の目標やレベルアップをめざす初級~上級の写真愛好者
  • 中学・高校・大学などの写真部(サークル)単位
  • 一般写真サークル・クラブ単位でのレベル別受験
  • 一般写真サークル・クラブ等で指導的立場にある方
  • 編集・デザイン・マスコミ関連の専門学校単位、あるいは学生個人
  • 編集・デザイン・マスコミ関係職種従事者
  • 写真関連メーカーで営業・販売・事務職に従事する方、あるいは会社・部署単位
  • 写真関連小売業の従業員、あるいは会社・店舗単位
  • カメラ店・プリントショップの経営者や、パート等を含む従業員